最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

奈良旅行

2012年9月14日 (金)

奈良県『法隆寺・東大寺』お寺めぐり

今年の夏休みは、プールに1回しか、家族で行くことが出来なかったので、家族旅行を急に思いつき、計画しました。
丁度、宿泊施設も空いていたので、よかった~。

ティガは小学校で歴史を勉強してから、戦国時代のとりこになり、
「今回どこに家族で行きたい?」と尋ねると、

「日光東照宮!!徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社だから!!

う~ん。栃木県まで行って帰る日数が足りないので、
「その次に行きたい場所は?」

「法隆寺!聖徳太子が建立された寺院で、世界最古の木造建築だから見たい!!

「10月に修学旅行で行く予定だけど?」
でも、何度行っても、いいものを見るのはいいと判断して、
法隆寺と、その近くの東大寺へ行くことにしました。

search法隆寺
〒636-0115
                              

奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1の1

                              

TEL.0745-75-2555

HP→

Img_1296
なんだか、空気が違う!!
背筋がシャキンってするような、歴史の重みを感じるような、いい緊張感でしたhappy01
Img_1298
鬼瓦。迫力がありました。
Img_1299
入り口には、金剛力士がnote
Img_1300
こちらも見事な彫刻です。
Img_1301

日本仏教興隆の祖である聖徳太子が創建したと伝えられる寺院。
5重塔はかなり大きいです。
Img_1304

Img_1305

Img_1306

こちらは、夢殿です。
聖徳太子の死後、739年に 太子を偲んでその住居で あった斑鳩宮跡に建てられた 東院伽藍。 その中心になるのが 夢殿(国宝)です。
Img_1307
その他、実家の両親から、ぜひ、見て帰っておいでと言われた、
玉虫厨子を見ました。虫の玉虫のキラキラした部分を昔は、厨子に貼っていたそうです。飛鳥時代に、もとは金堂に安置されていた、仏堂形の厨子です。
150pxtamamushi_shrine
法隆寺の周りには、お店があり、奈良  白雪ふきん を売っているお店がたくさんありました。

Img_1562
法隆寺に行き、色々な場所を触り、これだけ触ったら、聖徳太子が触ったところと重なるかもしれないといいながら、ティガは大満足して、次に向いました。

ティガが自分に買ったものです。ノ―トです。

Img_1567 Img_1568

search東大寺
〒630-8211 奈良県奈良市雑司町406−1

0742-22-5511

HP→
とにかくシカが多い。
駐車場から、シカ・しか・鹿!!
Img_1309

東大寺も、ものすご~く迫力がありました。
Img_1340_2

こちらも、いました、いました。かなりの迫力です。
Img_1314
この大仏殿の中に、
Img_1316
大仏様が座っていらっしゃるのです。
Img_1318

広い敷地は、これまた、気持ちが穏やかになります。
Img_1320
かなり大きな大仏様でした。
Img_1321

広目天です。四天王の一体、西方を護る守護神として造像されることが多く、邪鬼の上に静かに立っています。
Img_1325

柱に大仏様の鼻の穴と同じ大きさの穴が開いていて、通ると、一番多く言われているのが、「無病息災」のご利益があるそうです。
この柱は大仏殿の北東にあるのですが、その場所は「鬼門」にあたるそうです。その鬼門の柱に穴を開ける事により、邪気を逃していると言われているそうです。身長180センチのポッキーも無事に通ることができました。
子供達も、するりと通り抜けしました。
Img_1330

さてさて、シカのえさは150円で販売していますが、お腹がすいているようで、しかせんべいを持っていたら、シカに囲まれます。シカせんべいをまとめている、紙も食べさせていいようです。ものすご~い食べっぷりでしたcoldsweats01
Img_1349

せんとくんも人形もありました。
Img_1350
おみやげ屋さんがたくさんあり、全てのお店に入り、歴史人物の箸や、キーホルダーなど、子供達は目を輝かせて品物を見ていました。

Img_1563

刀の形のお箸です。

Img_1565

グッピーラムネも大仏様が箱にnote

Img_1564

購入したのは、たて笛。東大寺でたて笛を買うなんて、何かものすごく魅力があるように見えたのでしょう。ず~っと、ピーヒャラと吹いていましたよ。
かなり、じっくり見たので、夕方になりました。
その後、奈良を離れ今日の宿泊場所の京都へ。

リ―ガロイヤルホテル京都

〒600-8237 京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地

TEL:
(075)341-1121 /
FAX:
(075)341-3073

こちらのホテルは4人部屋があります。
一部屋にベットが4台並んでいます。お部屋もけっこう広いです。
Img_1351

部屋の中はこんな感じです。
Img_1352

風呂とトイレは一緒でした。
Img_1353

Img_1354

ホテルの1階には、売店があり、
そこで、朝食に、ゼリーと
Img_1355

サンドイッチ(ふわふわで、野菜はフレッシュで美味しかった)
Img_1356
Img_1357

京都水族館のオープンを記念した商品のカメロンパン。他には、イルカの形のパンがありました。
Img_1358
その他、色々な種類のパンもありました。
Img_1359
このホテルは、京都駅から近く、ホテルから駅まで、無料送迎をしてくれるので、とっても便利でした。京都駅の近くにはイオンモール京都 もありました。京都のグリンティー・お茶などとても美味しかったですconfident