最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 京都市下京区観喜寺町『京都水族館』 | トップページ | 岡山市北区田益『hibito』自宅ショップ »

2012年9月18日 (火)

京都市東山区清水『清水寺』

夏休みのまだまだ続きです。京都水族館の後、「清水の舞台から飛び降りる気持ちって、どんな気持ち?」と、ティガが言うので、「近くに清水寺があるから、行って確かめてみよう!!」と、修学旅行で、行くのですが、向いました。

京都らしい風景でしょconfident

Img_1433

このカラフルなものは、くくり猿といいます。

くくり猿はまさに、お猿さんが手足をくくられて動けない姿をあらわしています。 お猿さんは人間に近い動物といわれていますが、所詮は動物、欲のままに行動します。動物園に行けば、お猿さんは欲のまま走り回っていますね。 この姿を人 間の中にある、欲望に喩えてあり、人間の中にある「欲望」が動かないように、庚申さんによってくくりつけられているのです。
      
くくり猿に願い事を託して、それを叶える秘訣は、欲を一つ我慢することです。
      
皆さんが願われたことを叶えようと努力しようとするとき、欲望のこころが動いて、それを妨げようとする、それをくくりつけ、庚申さん にうまくコントロールしてもらうためです。 ですから、ご自身の中でお猿さんが走り回るようにこの欲の心が動き出し、悪いことをしたり、努力を怠りそうな ときたら、庚申さんの怖い顔を思い出して、「罰が当たる」と自身を戒め、くくり猿のように欲望のこころをコントロールしてください。
良い行いをしていれば、くくり猿も庚申のお使いとして、皆さんを助けてくれることでしょう。(くくり猿の説明より抜粋)
      

Img_1434

五重塔が見えます。なんだか、背筋がシャキンとする、そんな空気、雰囲気です。

Img_1435清水寺に行く道に、こんな看板を発見しました。

Img_1441

作ること大好きなレオは、「作って見たい!!」で、

Img_1440

私と、ティガは作ることにしました。制作時間は、15分ぐらいです。教えて下さる先生が上手だったので、あっと言う間に素敵な作品が出来ました。品物は2週間ぐらいで、自宅に届けてくれることにpresent

Img_1438

じゃ~ん。こちらは、レオ作。コップ。3年生で、ココまで作れますhappy01\1800

Img_1569

こちらは、私の作品ですhappy01お菓子を入れたり、おかずを入れて使いま~す。\1800

また、作って見たいです。

Img_1570 清水寺の周りのお店屋さんにが、八橋を売っているお店が多かったっです。試食もたくさんさせてくれ、生八橋は種類がたくさんあり、夏限定のラムネ味などもありました。
Img_1447

『清水産寧坂 仁々木』

こちらはコロッケがおいしいらしく、店内には、お茶が用意されていて、

Img_1446

とても美味しかったですよ~。特製カレーパン\200

Img_1442

モナカコロッケ\250

西京しろみそだれと、黒豆が入ったコロッケです。

Img_1443

清水寺  HP→

仁王像と三重塔が見えてきました。

Img_1448

京都タワーも見えましたwink

Img_1450

入場料を払い、本堂へ向かいます。

Img_1452

出世大黒天像(しゅっせだいこくてんぞう)

Img_1453

こちらが清水の舞台だよ~。どんな感じか、下をのぞいてビックリ!昔の人は、願かけをして、ここから飛び降りていたそうです。

『飛び降りた人は234人。清水の舞台の高さは13メートルもあるが、生存率は85.4パーセントと高い。10代、20代に限れば90パーセントを超す。60歳以上では6人全員が死亡している。京都の人が最も多いが、東は現在の福島や新潟、西は山口や愛媛にまで及んでいる。
 門前町の人らが相次ぐ飛び降り事件に耐えかね、舞台にさくを設けるなど対策を成就院に嘆願したという記録も残る。明治五(1872)年、政府が飛び降り禁止令を出し、下火になったという。

 お寺では「ことわざがなぜ生まれ、現実はどうだったのかという関心から調査を始めた。江戸時代に庶民の間で観音信仰が広まり、清水観音に命を託し、飛び降りて助かれば願い事がかない、死んでも成仏できるという信仰から、飛び降り事件が続いたのだろう」と話している。』
清水の舞台から飛び降り記事より抜粋

これで、ティガは体験したことで、意味が理解できたようですconfidentImg_1455

本堂の空気は何とも言えない、澄んだ空気。合掌confident

Img_1458

縁結びの神も奉られていましたよ。
Img_1459

この階段を降りると、

Img_1460

音羽の霊水の場所に着きます。

Img_1461_2

霊水を飲んだから、延命長寿になったかな~lovelyImg_1463 その横には、お茶屋さんがあり、急にあめが降ってきたので、雨宿りをすることにしました。
Img_1467

お昼ご飯を食べていなかったので、こちらで、そばと、

Img_1468

そうめんと、Img_1466ところてんを食べました。

Img_1464

さらに、清水寺の近くのお店で、八橋の入ったクレープを食べましたnotes

Img_1469

さてさて、その後は、坂本龍馬のお墓がある場所まで、歩きました。

『京都霊園護国神社』

HP→

〒605-0861 京都市東山区清閑寺霊山町1
TEL (075)561-7124 FAX (075)531-0972

Img_1476

龍馬グッズがたくさん販売されていたり、高知のドリンクが売られていたり。

Img_1475

龍馬と中岡慎太郎と一緒!

Img_1473

お墓に手を合わせました。

Img_1472

京都は、歴史を身近に感じることが出来る場所。今回訪れた場所のことを、まだまだ調べると、色々なことがわかりそう。少しずつ、また学生に戻った気分で、勉強をしようと思いました。だって、子供の方が、たくさん歴史を知っているから、、coldsweats01

子供には、負けたくない母でした。(運動能力はずいぶん前に負けていますが、、。)

« 京都市下京区観喜寺町『京都水族館』 | トップページ | 岡山市北区田益『hibito』自宅ショップ »

京都おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1536677/47110451

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市東山区清水『清水寺』:

« 京都市下京区観喜寺町『京都水族館』 | トップページ | 岡山市北区田益『hibito』自宅ショップ »